kindle paperwhiteマンガモデルのレビュー | Kindleはおすすめの電子書籍です。

kindlepaperwhiteマンガモデルの文字

Amazonの電子書籍Kindleには、いくつかのグレードがあります。どれを買うか迷ったのですが、Kindle Paperwhiteのマンガモデルというものが新しく発売されたので、思い切って買ってみました。実際に使ってわかったことを紹介したいと思います。

Kindleとは

Kindleは、Amazonが提供する電子書籍を読むための専用端末です。電子書籍を読む・電子書籍を購入・ダウンロードする以外のことはできません。

Kindleのグレード

Kindleには、機能や価格が異なるグレードがあります。この記事では、これらのグレードをすべてまとめて単にKindleと言っています。

プライム会員はすべてのKindleを4,000円引きで購入できます。プライム会員費は年間3,900円なので、Kindleを買うならプライム会員になってから買うことをおすすめします。

Kindle

Kindleは、通称無印とも言われるエントリーモデルです。他の機種と比べて格安で、プライム会員であれば最安モデルは4,980円です。電子書籍がどんなものか試してみたいという方におすすめです。

ただし、バックライトがない・解像度が低い(167ppi)など最低限の機能となるため、しっかりと利用したい方にはPaperwhite以上のグレードをおすすめします。

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteはカスタマーレビューが1,500件以上あり、おそらくKindleシリーズで最も売れている機種です(Kindleは約200件、Voyageは約460件、Oasisは約80件)。

バックライト付き・300ppiの解像度ということで、Kindleで読書を楽しむための必要十分の機能があります。

Kindle Paperwhite マンガモデル

Kindle Paperwhiteマンガモデル

Kindle Paperwhite マンガモデルは、日本限定で発売されている機種です。日本はマンガをたくさん読むユーザーが多いことから開発されたようです。Paperwhiteとの違いは保存容量です。マンガモデル以外のKindleは保存容量が4GBなのに対し、マンガモデルは32GBという8倍の大容量を誇ります。

マンガはデータ容量が大きいので、100冊以上保存するには4GBではすぐに満杯になってしまいます。Amazonによると、マンガモデルは約700冊のマンガを保存できるそうです。僕がマンガモデルを選んだ理由は、容量が8倍もあるのにPaperwhiteより2,000円高いだけなので、かなりお得だと思ったからです。

ちなみに、小説など文字だけの本の場合は4GBでも数千冊保存できるので、マンガを読まない方には4GBは充分な容量です。

Kindle Voyage

Kindle Voyageは価格が2万円を超え、高級機という位置づけです。バックライトの明るさが向上し、明るさの自動調整機能があります。Paperwhite以下にはないページ送りボタンも搭載されています。画面も強化ガラス製で丈夫です(Paperwhiteはプラスチック製)。

Kindle Oasis

もともとはVoyageが最上位機種でしたが、3万円を超えるOasisが現在の最高級端末です。Voyageよりもさらに明るい画面、Kindleシリーズ最軽量、付属の専用カバーに内蔵されているバッテリーで電池の持ちは数ヶ月といった、Kindleで最高の品質を誇ります。

しかし、何と言っても35,980円~という価格は高額なので、電子書籍端末にそこまで払うのはどうなの?という思いは払拭できません。余程Kindleでの読書が気に入ったら購入してみるのもいいのかもしれませんね。いずれにしろ、はじめてのKindleには向いていないでしょう。

キャンペーン情報付き?なし?

Kindleにはキャンペーン情報付きとそうでないものが選択でき、キャンペーン情報付きの方が2,000円安くなります。キャンペーン情報とは、Kindle本のセール情報やおすすめ商品のことで、ロック中などに表示されます。読書時には表示されません。

ロック中に表示されたら電池を消費してしまうのでは?と思いますが、液晶画面ではないので一旦画面を表示した後は電力を使いません。しかしながら、キャンペーン情報はなしの方が快適だと思います。

Wi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデル

無印のKindleとマンガモデル以外の機種は、3G通信対応のものを選択できます。3Gの利用は無料で、Wi-Fiがない場所でも本をダウンロードすることができます。3G対応だと5,000円ほど値上がりします。

Wi-Fi環境がない方には便利かもしれません。しかし、3Gなので通信速度が遅い、マンガなど容量が大きいものはダウンロードできません。なので、個人的には3Gはいらないと考えます。また、僕が買ったマンガモデルにはそもそも3G対応バージョンはありません。

Kindleのメリット・デメリット

メリット

Kindle以外の電子書籍は使ったことがないのでわかりませんが、Kindleを使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介します。

目に優しい

ディスプレイはスマートフォンやタブレットのような液晶画面ではなく、読書に特化した電子ペーパーというものです。目が疲れにくく、目に優しい感じがします。液晶画面よりも表示速度が体感で0.1秒くらい遅いです。とはいえ、気になるほどではありません。

バッテリーが長持ち

Kindleはタブレットなどと比較すると、圧倒的にバッテリーが長持ちです。Kindleが到着してから一度も充電せずに2週間近く利用できました。フル充電すれば2~3週間は持ちそうです。

軽い

厚い本やハードカバーの書籍は持ち運びはもちろん、読むときも大変です。新刊などは文庫本がないのが基本なので、厚いハードカバーを読んでいるときはかなり腕が疲れます。カバンに入れてもかなりスペースを取るうえに重いので、外出時は読むのを断念することもありました。

Kindleなら、どんな本でも重さはないので持ち運びも読書も楽です。また、何冊持っていてもKindle本体の重さだけなので、出かけるときにどの本を持っていこうか悩む必要がなくなります。

わからない単語を調べられる

僕の場合は英単語が多いのですが、わからない単語があったときにいちいち辞書を引く手間がなくなりました。辞書を何度も引くのが面倒で英語の本を読むのを避けてしまうことが少なくなかったのですが、Kindleなら気軽に読むことができます(私の英語力は中学生レベルです)。わからない単語をタップすると意味が表示されるので、とても便利です。オフラインでも辞書は使えます。

紙の本よりも安い

電子書籍はほとんどの場合、紙の本よりも10~30%安いです。加えて、価格の20%くらい、本によっては50%以上のAmazonポイントが付与されます。つまり、紙の本を買う場合と比べて、実質ほぼ半額で購入できます。

さらに、夏目漱石や芥川龍之介などの著作権が切れている作品は無料です。洋書では、シャーロック・ホームズやシェイクスピア、マーク・トウェインなどが無料になっています。有名作品が多いので、和書は押さえておきたい教養に、洋書は英語の勉強にうってつけです(私の英語力は中学生レベル)。

すぐに読める

個人的にはこれが最大のメリットなのですが、購入した本を数秒のダウンロードですぐに読むことができます。紙の本は本屋まで買いに行ったり、Amazonで買うなら届くまで待ったりと時間がかかります。欲しい本が決まっている場合、電子書籍なら24時間いつでもすぐに読めるのでとても便利です。

読書のハードルが下がる

上の2つのメリットと関連しますが、紙の本よりも安いもしくは無料ですぐに読めるので、ちょっと気になる程度の本も読んでみることが可能です。有料だったら読まなかったかもしれない本を無料で読むことができるので、読書のハードルが下がります。いらなかったら削除すれば済みます。

例えば、夏目漱石や芥川龍之介などの名作は著作権が切れているため、無料で読むことができます。紙の本では印刷費や材料費など最低限のコストがかかってしまうため、著作権が切れていても無料にはなりません。これは海外の古典にも当てはまり、マーク・トウェインやシャーロック・ホームズなどが無料で気軽に読めます。

毎月一冊無料(プライム会員限定)

Amazonプライム会員であれば、対象の本を毎月一冊無料で読むことができます。気になっていたけど買うほどかな~、と悩んでいた本を読んでみるのに適しています。和書のラインナップは豊富とは言えませんが、有名な「七つの習慣」や「」などがあります。洋書のラインナップは和書よりも確実に充実しています。ハリー・ポッターシリーズがあったので、今度読んでみたいと思います(私の英語力は)。

読書に集中できる

読書以外に機能がないので、読書に集中できます。メールやアプリなどの通知がなく、ついついネットを見てしまうということもありません。

注釈が見やすい

これは使ってみて感動した機能なのですが、引用などを示す注釈が見やすいです。注釈の番号をタップすればポップアップ的に表示されるので、紙の本のように巻末の注釈ページを探す手間が省けます。紙の本ではページを行ったり来たりして、結構面倒でした。巻末にあるタイプと章末にあるタイプがあったりして、注釈が多い本だとかなり煩わしいです。

暗闇でも読める

ノーマルなKindle(無印)以外は、LEDバックライトが付いているので暗いところでも読めます。暗いところで本を読むなんぞ言語道断!という人はともかく、僕は寝る前にベッドで読書したいので便利です。

文字サイズを変更できる

僕は今のところ大丈夫ですが、年齢を重ねるといわゆる老眼というものになって近くが見えにくいという方もいらっしゃると思います。紙の本しかない時代は見づらいのを我慢して読むか、本を読むのをやめてしまうこともあったのではないでしょうか。

Kindleであれば、文字サイズを8種類から選択できるので大きな文字で読むこともできます。電子書籍のような最新機器は若い人のものだと考えがちかもしれませんが、実は年配の方にとっても便利なものだと思います。

デメリット

本のデザインを楽しめない

紙の本はカバーの色や柄などのデザインはもちろんですが、紙の質感なども本によって異なります。また、本ごとに異なる厚みや存在感のようなものもあります。電子書籍ではそういった違いがほとんど無くなるので、見た目による本の個性は失われます。

Amazonがサービス終了したら読めない!?

電子書籍のデメリットとして、サービス提供者が倒産したりサービスの提供を打ち切った場合、購入した本を読めなくなるという点を挙げる方がいます。そういった可能性はないとは言えませんが、紙の本と比較してデメリットになりうるのでしょうか?

僕はまったくデメリットではないと思います。なぜなら、Amazonが電子書籍サービスを終了するようなことが数年以内に起きる可能性は低いと考えるからです。10年後となるとわかりませんが、10年経つと紙の本は相当劣化します。また、10年後も同じ本を持っている方は多くはないのではないでしょうか。10年分の本を所有し続けると、かなりのスペースが必要になります。ですから、数年以内にサービスが終了するのでない限り、紙の本と比べてデメリットがあるとは思えません。

売却できない

紙の本は売却できるけど、電子書籍は売却できないという点はデメリットでしょうか?

これもデメリットとは言えないと思います。電子書籍は購入する時点で紙の本よりも20%以上安くなっている場合が多いです。これに加えてAmazonポイントが付与されるので、価格差は少なくとも実質数百円はあります。

ところで、紙の本を売却する場合、いくら位で売れるでしょうか?良くて数百円、悪いと数十円ですよね。したがって、売却できないことはデメリットにはならないといえます。

中古本がない

紙の本の場合、Amazonマーケットプレイスで中古本が1円(送料別)~という激安価格で販売されています。ちょっと読んでみたい、一回読んだら捨ててしまってもいい、というケースにはピッタリです。電子書籍に中古本はないので、とにかく安い方がいい・本の状態は読めればいいというときは紙の本にメリットがあります。

実際に使ってみた感想

画面保護フィルムはいらない

Kindle Paperwhiteの画面はザラザラとサラサラの中間のような独特の触感なので、指紋などで汚れにくくなっています。一応Amazon認定の保護フィルムはあるのですが、実際に使ってみて画面保護フィルムはいらないなと感じました。

Amazon純正カバーは必要

Kindle Paperwhiteカバー付き

KindleのカバーもKindleの実物を見てから買うか決めようと思っていましたが、実際に使ってみてすぐにAmazon純正カバーを注文しました。Kindleは丈夫そうではあるのですが、むき出しのまま持ち歩くのは気が引けたので、本体を汚れやキズから守るためにカバーがあった方がいいと思いました。

ちなみに、カバーは純正以外もありますが、フィット感などは純正の方が信頼できるので、純正カバーにしました。純正カバーには価格帯の異なるいくつかのラインナップがあり、ポリウレタン製のものから本革仕様のレザータイプのものまであります。カバーの開け閉めでKindleのスリープがオン・オフになるのが便利です。

まとめ:Kindleは読書好きなら買って損はないです

Kindleに興味がある方は読書をすることが多いと思います。そんな読書好きの方は、Kindleを買って損はないと思います。上述した通り、Kindleには紙の本にはないメリットがたくさんあります。

いきなり1万円以上出すのは心配だという方は、4,980円(プライム会員限定)の最安モデルのKindleを試してみるといいと思います。最低限の機能ですが、電子書籍の便利さを感じることはできます。気に入ったらグレードを上げればさらに快適になるでしょう。

僕が個人的におすすめするのは、Kindle PaperwhiteのWi-Fiモデル・キャンペーン情報なし(1万2,280円・プライム価格)です。マンガをたくさん読みたい方は、もちろんマンガモデルがおすすめです。

フォローする